▼倒産しないために▼

倒産しないため、商売の根っこを強くする応援をします。
商売の根っこを強く育て、簡単には倒れない会社にすることが、
「成幸」する会社への最大条件です。

商売の根っこが強ければ、何が起こっても、簡単には倒れません。

1.売上が上がる

手堅い売上が確保できる商品、サービスを作ることが最も重要です。この手堅い売上の拡大、深堀の確認をして、商売の根っこを太くしていただくようにしつこく現状確認をさせていただき支援します。

2.売掛金の回収が早く、買掛金の支払サイト長くする。

お金の滞留時間を長くする活動です。お金を大事に扱う癖をつけると資金繰りに苦労しなくなります。
良いお金の癖をつけるには、経理流れを整えなければなりません。良い流れを作れば自然とお金がたまるのと同時に会社の信頼度もアップします。
小原事務所は、関与開始時に、しっかり初期指導をして参ります。

3.利益を出しと税務署対応

利益を確実に出し、その利益を商売に再投下する。商いの基本です。
しかし、1円も税金を払いたくとする発想から時に無理な税金対策をしたいと思う社長がいます。税金を払わないためにワザワザ借金をして経費を計上する税金対策はダメです。
利益を出せば税務署がきます。小原事務所は、税務調査もしっかり対応します。
当局は、法律に従い、会社の血液であるお金を持って行きます。
小原事務所は、当局の理不尽な法律解釈に対して、経営者の立場にたって対抗します。

4.自分の意思どおり資金が調達できる。

安い金利で銀行から借りて、事業に投下し、それを何倍にもして回収することで時間を
買う。成長するスピードを早めるために使う、商いの基本です。
自分の意思どおり銀行から資金を調達できたら、どれだけ有利でしょう。
銀行が貸したい会社になる、この方針を貫くため必要な手段は、利益を出しつずける事です。
以上のような考えかたのもと、倒産しない会社つくりの支援をします。